前へ
次へ

不動産売買をする前に不動産登記を確認

団塊の世代の上の世代はすでに天国に召されてしまっている方が多いです。
これらの人々の所有する土地や建物はすべて団塊世代の人々によって遺産相続されてしまっています。
遺産相続は相続人が一人だけの場合は実に簡単です。
ですが複数の遺産相続人が存在する場合にはことは厄介です。
この場合に決め手となるのが天国に召されてしまった故人の遺言状です。
遺言状に明確に誰に相続させるのかが記入されていれば、それで問題は一件落着ということになります。
いずれにしても遺産相続する場合には法務局の出先機関である地域の登記所で新しい所有者の登記をしなければなりません。
またそうしなければ不動産売買をすることができないのです。
日本では不動産の売買をするためには絶対に必要な書類というものがあります。
その書類のうちの一つが登記の書類ということになります。
地域の登記所にお出かけして新しい所有者が書類に署名捺印をすれば、不動産登記はめでたく完了ということになります。

Page Top