前へ
次へ

不動産売買取引で行う査定とは

不動産売買取引では査定と呼ばれる手続きが行われます。
査定とは、不動産会社が対象となる物件の価格を算出することです。
会社によっては、これまでに積み重ねてきた豊富な事例や信頼できる査定システム、さらに直近の市場動向を基にして適正な査定価格を算出しています。
ところで売買のための査定を受けるためには、何か特別な書類などが必要なのではないかと気にする人も少なくありません。
会社にもよりますが、基本的には事前に用意する書類などは必要ありません。
もし心配であれば事前に問い合わせてみると良いです。
物件の面積などについても、会社で調査するのであらかじめ調べておく必要はないです。
不動産売買の査定というと、会社の人と面談をしなければならないので煩わしいと感じる人も少なくありません。
しかし会社によっては、電話やメールのやり取りでも査定してくれるところがあります。
とりあえず価格を知ってから、売却を検討したいのであれば、まずは電話やメールで相談しても良いです。

Page Top